『再見(ツァイチェン)のあとで』(93)で映画デビュー。この作品で脚本を担当していたフォン・シャオガン監督と出会い、彼の映画では欠かせない存在に。のちに二人は夫婦となる。主な出演作は『スパイシー・ラブスープ』(99)、『怪鳥フライング・デビル』(01)、『イノセントワールド-天下無賊-』(07)など。


初主演の映画『孔雀我が家の風景』(07)がベルリン国際映画祭で審査委員特別賞・銀熊賞を受賞し、中国・香港映画界でも要の存在になる。主な出演作は『セブンソード』(05)、『ジェイド・ウォリアー』(06/TVM)、『プロテージ/偽りの絆』(07/未)、『ラッシュアワー3』(07)など。


17歳の時、何千人ものライバルたちの中からテレビドラマのシリーズ「Boys Don'tCry(原題)」の主役に抜擢され、エンターテインメント業界でのキャリアをスタート。主な代表作は『TheUltimatRescue』(07/未)、『DesiresoftheHeart』(08/未)など。フォン・シャオガン監督作品では『戦場のレクイエム』(09)に出演している。


30年以上のキャリアを誇る中国屈指の人気スター。『HERO』(03)、『インファナル・アフェアIII 終極無間』(05)で世界にその存在感を残している。中国ではTVドラマ「ラスト・エンペラー」(84)の皇帝溥儀役としてブレイクし、誰もが知る国民的スターになった。


フォン・シャオガンは中国で最も成功を収めた映画監督である。2009年1月には国内で10億元(約130億円)を超える興行収入を挙げた初の中国人監督として世界の注目を集めた。フォンは1990年代にごく一般の人々の夢と希望を描いた独自のコメディで人気を確立。この時期の代表作には『夢の請負人』、『遙かなる想い』、『ミレニアム・ラブ』がある。成功を極めた2000年には方向性を一変させ、大ヒットした離婚ドラマ『ASigh(原題)』を手がける。それから、アクション・ドラマ『イノセントワールド-天下無賊-』、シェイクスピアのハムレットを題材にして宮廷を巡る野心を描いた『女帝[エンペラー]』、壮大な戦争ドラマ『戦場のレクイエム』を手がけ、パワフルなメロドラマだけではなく、複雑なアクション・シーンも監督できる才能を示した。2008年には洗練されたモダンなロマンチック・コメディ『狙った恋の落とし方。』が中国映画史上最高の興行収入を記録。『唐山大地震』でフォンは技術的な腕と人間心理への理解を束ねて、まったく新しい映画を作りあげている。
1994 『Gone Forever with My Love(原題)』(未)
1997 『夢の請負人』(未)
1998 『遙かなる想い』(未)
1999 『ミレニアム・ラブ』(未)
2000 『A Sigh(原題)』(未)
2003 『ハッピー・フューネラル』
2003 『Cell Phone(原題)』(未)
2007 『イノセントワールド -天下無賊-』
2007 『女帝[エンペラー]』
2009 『戦場のレクイエム』
2010 『狙った恋の落とし方。』

PAGE TOP