中国で大ヒットした感動作「唐山大地震」のあらすじ

1976年7月28日唐山市で起こったマグニチュード7.8の直下型大地震、「唐山大地震」で被災した家族のその後を描く映画です。唐山地震は中国で起きた地震の中でも被害の大きいものとして知られており、震源地であった唐山市では住宅の全壊率94%、被害者は14万人以上と非常に大規模な災害です。

しかし、当時中国は文化大革命の最中であり、中国は諸外国からの援助を拒否しました。その影響で被害が拡大したとされ、全体での死者の数は非公式には60万人以上とも言われています。

そんな未曾有の大地震による建物の倒壊で夫を失った妻は、同じく地震で行方不明になってしまった2人の子供を探します。周りの建物は大きすぎる揺れで無残にも破壊され、街は被災した人たちの死体で埋め尽くされていました。

姉妹は旦那と同じように瓦礫に埋もれた状態で翌朝見つかりますが、1人を助けると動かした瓦礫にもう1人が埋もれてしまうという状態でした。

そこで母親に告げられたのは「姉弟どちらか1人しか助けられない」という無慈悲な言葉。究極の選択を前に、母親は泣き崩れながら弟を救出することを選びます。

弟は無事に救出され、母親は妹を見殺しにした罪悪感に苛まれながら女手1つで息子を育て上げます。一方姉は、父と一緒に死体安置所に運ばれます。姉はそこで奇跡的に息を吹き返し、なんとか一命をとりとめましたが、弟救助の際の「弟のほうを助けてほしい」という母の消え入りそうな言葉が聞こえていました。

決死の決断とはいえ、その母の1言に深く傷ついた姉は、孤児施設にて暮らした後、実母のところには戻らず義父母の元で育てられました。義父母は軍人夫婦でしっかりとした教育を施してくれたため、姉はグレたり非行に走ることなく成長しました。しかし、震災時の心の傷は長い間消えず、心に暗さを抱えたまま暮らします。

1976年、1986年、1995年、2008年と4つの時代描写から構成されており、生き別れた親子がそれぞれ苦悩を抱えながら成長していく様子が描かれています。娘に対して言いようのない罪悪感を持ちながら生きる母親とその息子、そして母は自分を見殺しにしたと心に深い傷を負った娘が、32年の時を経て感動の再開を果たします。

ただの地震映画ではなく、母と娘という女性2人の心の軌跡、成長を描き、ラストの親子の再開シーンは涙なしには見られないと評判です。

唐山大地震のあらすじ

→ 映画『唐山大地震』の感想

日本では中国の4年後に公開!その経緯とは?

「唐山大地震」は2010年に中国で公開され、国内映画の歴代最高興行記録を打ち出す大ヒットとなりました。

2011年2月22日に発生したニュージーランドでのカンタベリー地震もあり、公開の実施するかで物議を醸しましたが、配給会社の松竹は「唐山大地震はアクションやスリルを楽しむパニック映画ではない」とし、当初予定していた2011年3月26日の公開を変更しない方針でした。

また、2011年3月11日に試写会予定でしたが、不運にも当日に東日本大震災が発生し、地震発生シーンが非常にショッキングであることから公開延期となりました。日本での上映決行は4年後の2015年となっています。

また、当初は字幕版のみの上映予定でしたが、劇場や映画関係者の「より多くの人に見てもらいたい」という熱烈な思いから、日本語吹き替え版の上映も行われています。吹き替え版のキャストは4年越しの公開でもキャストはそのままで、主人公のファン・ドンを相武紗季、その幼少期を芦田愛菜が担当するなど豪華キャストで制作されました。

監督であるフォン・シャオガンは米ニューズウィーク誌に「中国のスピルバーグ」と評される程のヒットメーカー。日本での公開にあたり、「3.11により公開延期されたこの映画が日本で上映されるにあたって、多くの方が映画館に足を運び、人間のたくましさ、家族の絆の大切さを感じてほしい。」と述べています。

 

「唐山大震災」の登場人物、キャスト紹介

「唐山大震災」の主な登場人物は母である李元妮(リー・ユェンニー)、娘である方登(ファン・ドン)、息子である方達(ファン・ダー)の3人です。

それぞれシュイ・ファン、チャン・チンチュー、リー・チェがキャストを担当しています。中でも娘役のチャン・チンチューは、デビュー当時こそ無名の女優でしたが、その演技力から2003年に撮影スタッフの推薦で、ベルリン国際映画祭受賞作品であるグー・チャンウェイ監督の「孔雀―我が家の風景」に出演し一躍有名になりました。

2006年には「芳香之旅」でカイロ国際映画祭の最優秀主演女優賞を受賞するなど、非常に演技に定評のある女優で、近年では中国国内だけでなく世界的にも注目されています。

「唐山大震災」でもその演技力を最大限に発揮し、セリフだけでなく細かな表情や目線で娘の揺れ動く心情を繊細に表現しています。実際に映画を見た方々は口をそろえてキャストの演技がすばらしい!と評価するほどですので、映画を見る際は是非チャン・チンチューの演技力にも注目してみてください。

 

映画「唐山大地震」を視聴できる動画配信サービス

FODプレミアム

「唐山大地震」は、FODプレミアムでも楽しむことができます。唐山大地震は、中国で実際に起きた20世紀最大の被害を出した地震で、24万人以上の人が犠牲になりました。映画の中でも、当時の様子が大迫力に描かれています。

FODプレミアムは、月額888円で動画の見放題を楽しめるフジテレビオンデマンドの動画配信サービスです。フジテレビが過去に制作したドラマや映画、バラエティ番組など数多くの番組が見放題でできるのがこのサービスの利点です。

放送中の最新ドラマも続々とラインナップに加わってきますので、時間がなくて見れなかったときや録画し忘れたときにも重宝します。サービス名に「フジテレビ」とついていますが、視聴可能な番組はフジテレビの番組だけではありません。海外のドラマやオリジナル作品も楽しめます。

FODプレミアム会員になると、毎月8のつく日に400円分のポイントをもらえます。ボーナスポイントと合わせて月最大1,300円分のポイントを手に入れることができます。最大と書いたのは、8日にポイントをもらうには手動での操作が必要になり、操作し忘れるとポイントがもらえないからです。

といっても、ポイントをもらうための操作はバナーをクリックするだけです。そのバナーも分かりやすいところに大きく表示されているので、必要以上に警戒する必要はありません。集めたポイントは、動画のレンタルや電子書籍の購入に利用できます。月額888円なのに、1,300円分のポイントと月額以上のポイントがもらえるのはお得を通り越して驚きです。

FODプレミアムの特典は、これだけではありません。100冊以上の雑誌を無料で読むことができるのです。有料の電子書籍にもポイント還元制度が充実していますので、お得に購入することが出来ます。電子書籍が好きならば、FODプレミアムに入会するのもおすすめです。

FODプレミアムの1ヶ月無料お試しの登録方法【無料期間だけで解約】

 

U-NEXT

U-NEXTは、月額1,990円で8万本以上の動画が見放題できる日本最大級の動画配信サービスです。さらに5万本以上の作品をレンタルすることもできます。もちろん、U-NEXTでも映画「唐山大地震」を視聴することが出来ます。この映画は、中国映画の歴代興行収入1位を記録した大ヒット映画で、日本でも公開されました。

月額1,990円というと他のサービスより若干高く感じるかもしれませんが、U-NEXTのサービスの内容を知るとそのお得さに納得できます。U-NEXTには、毎月の1日に1200円分のポイントが付与されるという特典があります。

ポイントは、U-NEXT内でドラマや映画をレンタルすることにも使えますし、コミックや書籍の購入にも利用することが出来ます。また、映画館で使える映画の引き換えクーポンに交換したりすることも可能です。月額1,990円のサービスですが、ポイント分を考えると実質は790円です。

U-NEXTのサービスはそれだけではありません。家族間であれば4アカウントまで登録できるのです。アカウントを作成すると、同時に別の作品を視聴できるようになるのでこれだけでもお得です。テレビ・パソコンだけでなく、ゲーム機からも視聴することが可能です。

もちろんスマホやタブレットから視聴が可能なので、4アカウントを登録しても動画を見るためのデバイスが足りないという事態にもなりにくいでしょう。また動画のダウンロードが可能なので、オフラインでも作品を楽しむことができます。この機能をつかえば、外出時もデータ容量を気にせず動画を楽しむことができます。

これだけでも十分お得なのですが、さらに70種類以上の雑誌も読み放題というサービスまでついています。サービスが充実していますので、月額料金を払っても損をしている気分にはなりません。アカウントを4人まで登録できるのがこのサービスの大きな利点なので、家族が多い人には特におすすめです。

→ U-NEXTを無料トライアル期間だけで解約する方法

 

Amazonプライム

Amazonプライムでは、映画「唐山大地震」を視聴することができます。作中では、地震によって傷を負った家族の苦悩と愛の人間ドラマが描かれています。

Amazonプライムは、年会費3,900円でプライム対象の作品を見放題できる動画配信サービスです。計算してみると一月当たり325円と破格の料金で見放題ができるのがこのサービスの大きな強みです。

ただ、一気に3,900円を支払う必要が出てくるので月当たりの料金が安くても、少しハードルが高いように感じる人も多いはずです。「年会費を払ったところで、忙しくて動画を見ている暇はない」と二の足を踏んでいる人もいるかと思います。Amazonプライムには400円の月額プランもありますので、そういう方でも安心です。

月額プランを利用すれば、ゴールデンウィークや年始年末など時間に余裕のある月だけ利用することも可能で、コストパフォーマンスが抜群です。Amazonプライムだけでしか見られないオリジナル番組がたくさんあるので、それだけでもAmazonプライムに入る価値があります。

動画見放題サービス以外でも、有料でのレンタルサービスを利用することができます。レンタル料金は画質によって変わります。Amazonプライムの最高画質はブルーレイより高画質の4Kですので、スマホなどの小さい画面で見るのなら画質が低めのものを買っても十分満足できるクオリティです。

また、今まで視聴した作品に合わせてユーザーが好みそうな作品を知らせてくれる便利な機能もありますので、作品を探す手間が省けて作品を視聴すること集中できます。おすすめされた作品が知らない作品であっても、Amazonならではの豊富なレビューが参考になりますので、自分に合わない作品を見て時間を無駄にすることが少ないです。

Amazonプライムの魅力は他にもあります。動画サービス以外にもサービスが充実しているのです。Amazonプライムに入会すると、Amazonでのお買い物がお得で便利になります。具体的には、当日配送のサービスが送料無料で受けられたり、会員限定のセール価格で商品を購入出来たりします。100万曲以上の曲も無料で聞くことができます。

Blog

中国の超学歴社会と中退者が増えている問題

中国は日本以上の超学歴社会と言われています。 ネットでサクッと調べた範囲でも、中国で中卒ともなれば即生活保護ぐ …

4年に一度!サッカーEURO2020の視聴方法とは!?

いよいよ来年に迎えたUEFA欧州選手権、通称「EURO2020」。 4年に一度ヨーロッパの国々で優勝を争うサッ …

映画『唐山大震災』のあらすじ

全ての始まりは「唐山大地震」だった… 1976年7月、夏の暑さが続く唐山市。扇風機を買って家に帰る途中だったフ …

中国で大ヒットの感動大作!映画『唐山大地震』の感想

映画『唐山大地震』はどんな映画? 映画『唐山大地震』は2010年に中国で公開され、当時の中国国内での興行収入歴 …

PAGETOP
Copyright © 唐山大地震 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.